DXは依頼できる?メリットは?押さえておくべきポイントは?

DX

現在、企業が向き合うべき課題の一つとして「DX(デジタル・トランスフォーメーション)」があります。

DXを実現するための一手段として、DXを自社外へ依頼するということが考えられます。
本記事では、DXを依頼することについてのメリットやポイントについてまとめています。

DXとは?

DX(デジタル・トランスフォーメーション)は、元々、2004年にスウェーデンのエリック・ストルターマン教授によって提唱された概念です。
2019年に経済産業省が発表した『「DX推進指標」とそのガイダンス』では、DXは以下の通り定義されています。

DXは、本来、データやデジタル技術を使って、顧客視点で新たな価値を創出していくことである。
そのために、ビジネスモデルや企業文化などの変革が求められる。

2020年に総務省が発表した『令和3年版 情報通信白書』では、DXは以下の通り定義されています。

企業が外部エコシステム(顧客、市場)の劇的な変化に対応しつつ、内部エコシステム(組織、文化、従業員)の変革を牽引しながら、
第3のプラットフォーム(クラウド、モビリティ、ビッグデータ/アナリティクス、ソーシャル技術)を利用して、
新しい製品やサービス、新しいビジネスモデルを通して、ネットとリアルの両面での顧客エクスペリエンスの変革を図ることで価値を創出し、競争上の優位性を確立すること

なぜ今、DX?

DXは単なる流行ではなく、日本政府としても国を挙げて推進していくべき一つの課題だから

その他にも、近い先のIT業界では「2025年の崖」と呼ばれる問題もあります。
「2025年の崖」はこれまでのIT化で培ってきたシステムが抱える問題(老朽化・メンテナンスの複雑化など)です。

これにより企業は次の問題を抱えます。

  • システムの維持には大きなコストが必要
  • 知見のあるエンジニアを確保する必要

となります。

システムの維持には大きなコストが必要となり、知見のあるエンジニアを確保する必要があります。
しかし、現行システムを運用保守しているエンジニアの多くは、2025年頃に定年を迎えてしまいます。
このような「2025年の崖」の解決のためにも、迅速なDX推進が必要になっています。

DXの依頼方法

依頼方法

具体的にDXを行うにはどのようにすればよいのでしょうか!

DXを実現するためには、企業を挙げて大きな変革が必要となりますので

自社内だけでDXを遂行するためには、大変ハードルが高い

です。
DXを遂行するためには以下の候補が挙げられます。

  • DXコンサルティング会社に依頼する
  • DXスキルのある人材に依頼する

DXコンサルティング会社は「DXに特化したコンサルティング会社」です。DXの知見を得られるというだけでなく、DXの課題発見から運用支援まで、幅広いフェーズにおけるサポートを受けられます。

DXコンサルティング会社の支援を活用することで、DXの実現に向けた課題設定や目標設定を円滑に実現できます。

DXを進めていくと「設定した課題や目標を実現するためには、どのようなソリューションやITツールを活用すればいいのか?」と疑問が生じてきます。

この場合にも、DXコンサルティング会社はDXに関するノウハウを多く有しているので

迅速にDXの実現

に向かうことができます。

DXを依頼するメリット

DXを依頼するために押さえるべきポイント

DXをDXコンサルティング会社に依頼することのメリットについては、以下があります。

  • DX人材の育成にはコストがかかるので全体的な費用を削減できる

DXコンサルティング会社に依頼することのメリットとしては、すぐにDXスキルのある人材を活用できるという点です。

DXを実現するためには、ITに関しての深い知識や、ITツールを活用できるということなど、幅広いスキルを持つ人材が必要になります。

DXを実現するためのDX人材は、一朝一夕では育成することができず、学習コストも非常に高く、採用ハードルも高いです。

また、少子高齢化に伴う人口減少で、DXに限らず、そもそものIT業界全般の採用が苛烈になっています。
将来的な継続的なDXの実施のために、DX人材の育成も必要です。

しかし、まず企業のDXの第一歩を推進するためには
「DXの知見のあるDXコンサルティング会社に依頼すること」

が、大きなメリットとなります。

  • 社内の社員だけでは見えてこなかった問題を発見できる

また、DXコンサルティング会社に依頼することのメリットとしては、社内課題解決の効率化もあります。
自社外の立場から、より客観的な観点で社内課題を俯瞰できるという点は非常にメリットです。

これにより、自社内だけでは気づくことのできなかった問題にも気づくことができるだけでなく
自社内で気づいていたけど重要視できていなかった問題にも取り組むことができます。

DXを依頼するため・した後に押さえるべきポイント

 依頼注意方法.

DXを依頼するためのポイント

DXを依頼する際に押さえておくべきポイントは以下があります。

  • 具体的に依頼内容を明らかにする
  • 依頼内容の実現性と費用感をヒアリングし、提案や見積もりをもらう
  • 将来的なDX内製を見据える
  • 一過性ではなく継続的なDXを自社推進する

以上です

  • 具体的に依頼内容を明らかにする

DXを依頼するためには、まず、自社において現状がどうなのか、将来はどうありたいのか、明確な主軸を固めます。DXの実現のためには、多くの費用・人材・時間が必要となります。
計画倒れしないためにも、最初の段階で「何を目的としたDXか」を定めることが重要です。

 

  • 依頼内容の実現性と費用感をヒアリングし、提案や見積もりをもらう

依頼するDXコンサルティング会社はDXに特化していますが、十分なドメイン知識を有しているとは限りません。
自社内での現場の意見などもまとめる必要があります。
これによって、DXコンサルティング会社に依頼する際に、依頼内容が実現可能であるか議論することができ、
依頼内容を実現するためにはどれほどの費用・時間がかかるかをヒアリングできます。
上述の通り、DXの実現のためには、多くの費用・人材・時間が必要となります。
DXコンサルティング会社は数社ありますので、それぞれのDXコンサルティング会社に相談し、提案や見積もりをもらって比較することがポイントとなります。

 

  • 将来的なDX内製を見据える

DXコンサルティング会社への依頼は、自社のDX実現における初期フェーズとなり、いわゆる一時的な支援です。

今後、自社における将来的なDXを実現するためには、DXの内製化が重要です。
内製化を行うためには、DXを実現するためのDX人材の育成がポイントになります。
具体的には、人材育成に関するコストを充てる予算の確保が必要です。
DX人材がDX運用を続けることができる環境をつくることも大切です。

 

  • 一過性ではなく継続的なDXを自社推進する

継続的なDX実現を進めるためには、部署単位でのDXではなく、社内全体でDXを推進する環境が重要になります。
具体的には、DXに特化した部署を設置するのも一手段になります。
社内全体でDXを推進する体制さえ整えられれば、自社内においてDX人材の活躍する場も増えるので、更なるDX推進へつながります。
その結果、DXに関する社内ノウハウも蓄積していくことができます。

まとめ

今回はDXについての概要と背景について述べ、具体的にDXを依頼することについてのメリットやポイントをまとめました。
DXの実現のためには、多くの費用・人材・時間が必要となります。
自社ではない外部へDX依頼を行うことで、迅速なDXを推進することができます。
DXを依頼するには、まず自社内で依頼内容をまとめ、「何を目的としたDXか」の意見を固めることも大事なポイントです。

お願い
ぜひ、今回まとめた内容で、自社における継続的なDX実現のためにお役に立ちましたら幸いです。

お問い合わせはこちら

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お問い合わせはこちら

お問い合わせ