3rdパーティークッキー廃止について

デジタルマーケティング

皆様はデジタルマーケティング業界に大打撃を与える「サードパーティクッキーの廃止」についてご存知でしょうか。

「デジタルマーケティング業界はもうオワコン!?」というタイトルの記事やYouTubeに動画がアップロードされるくらい非常に重要な内容なのです。

「3rdパーティークッキーとは?」

さて、では、そもそものサードパーティークッキーについてご説明します。

「cookie」には二種類ございます。

 

・1stパーティーcookie

同じドメインので取られるトラッキングを活用したデータ一つの

WEBサイト内にアクセスした際の行動履歴のような内容です。

こちらを活用することでユーザーが一つのWEBサイト内で、どのような挙動をしたのかのログが残ります。それによりユーザーの行動履歴を追跡できるのです。

 

・3rdパーティーcookie

同じドメインではなく複数の違うサイトをまたいで行動履歴を取得できるcookieとなります。

1stが一つのWEBサイトなのにも関わらず、3rdは複数サイトであることに違いが発生しています。

引用:DMP?ビッグデータ?混同しがちなデータ領域のマーケティング用語を徹底解説

IDFA/AAIDについて

cookieと広告ID.png引用:「ADID、IDFA、AAID・・・広告ID(広告識別子)とは?」今さら聞けない!基本の『キ』

同様の内容として、個々のスマートフォンにも広告IDが存在します。
広告ID(広告識別子)については
俗に「IDFA/AAID」と呼ばれます
なおこちらも廃止です。

◼︎結局「3rdパーティークッキーの廃止とは!?」

GAFAをはじめとした各会社は「ユーザー満足度」をファーストに考えており、許可なく行動履歴をトラッキングできないようにしました。

これにより不許可としていた場合に、別サイトに移動した際の別サイト閲覧データをもとにした「リターゲティング広告」の精度が落ちます。

以上が2022年に控えた「デジタルマーケティング業界が直面している課題」になっているようです。

まとめ

本状況を踏まえた上で自社にてデータの蓄積が重要になってきます。

ぜひDWH構築について問い合わせください。

お問い合わせはこちら

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お問い合わせはこちら

お問い合わせ