ランディングページ(LP)とは?ホームページとの違いやメリット・デメリットを解説

皆さんはWebサイト内の広告をクリックした際に、縦長の「お申込みはこちら」といったサイトへ誘導されたことはありませんか?この縦長のページは「ランディングページ(LP)」と呼ばれます。

ランディングページにはコンバージョンへつながりやすいといったメリットがあるものの、SEOに弱いといったデメリットもあるので取り扱いには注意する必要があります。

今回はランディングページとは何か、そしてメリットやデメリットなどをご紹介していきます。

  • ランディングページの基礎を知りたい
  • ランディングページを活用するポイントが知りたい

といった方はぜひご覧ください。

ランディングページは広義と狭義で意味合いが異なる!ホームページとの違いとは?

ランディングページは広義か狭義かで意味合いが異なります。

  • 広義:ホームページにおいて最初にユーザーが到達したページ
  • 狭義:1ページだけの縦長な、いわゆるペラページといった呼び方をされるページ

広義のランディングページはたとえば「検索結果上位に掲載されており、ユーザーが流入するきっかけになった」というようなページが該当します。つまり自社ホームページにおいて、ユーザーが最初に閲覧したページです。トップページとは限らず、またランディングページとなったページの流入方法もユーザーにより違います。

対して狭義のランディングページは「1ページだけであり、資料請求や商品購入といったコンバージョン獲得が目的で制作されたページ」です。今回は狭義のランディングページの解説を行っていくので注意してください。

ホームページとランディングページは、対象範囲や使い方などに違いがあります。

対象範囲

ホームページは本来「Webサイト」という名称です。Web上で公開されているユーザーに情報を提供するためのページの総称です。

ランディングページもユーザーにWeb上で情報を提供しているという点では、ホームページの1つです。つまりランディングページはホームページの種類の1つと言ってよいでしょう。ちなみにランディングページの構成をベースにして、公式サイトを作っている企業も存在します。

使い方

コーポレートサイトといったホームページでは、

  • 検索エンジン
  • SNS
  • 他サイト

といったさまざまな経路で流入を獲得していきます。

対してランディングページの場合は上記の流入方法も活用できますが、有料広告と連携させることが多いです。

これはランディングページがコンバージョン目的で制作されたページであり、何かしらのコンバージョンを目指して利用される場面の多い有料広告と相性がよいためです。

シンプルさも魅力!ランディングページのメリット

ランディングページには次のようなメリットがあります。

1ページだけなので制作・分析がしやすい

ランディングページは基本1ページだけです。1ページの中で創意工夫しながらコンバージョンを増やしていくのが基本的な作業になるため、さまざまなページで構成される通常のホームページと比較するとシンプルです。

つまりWebページを制作するのが初心者の場合でも比較的制作しやすく、公開後の分析も簡単にできるのがメリットになります。複数のページを制作する場合はサイト構造(ディレクトリ)を考えながら制作を行う必要がありますし、分析も大変です。ランディングページ単体のみの制作であればページ制作の時間はそう掛かりませんし、分析もシンプルに済ませられます。

構成がシンプルでユーザーに理解されやすい

ランディングページで訴求するのは特定のサービスや商品です。このため構成についても「特定のサービスや商品を理解してもらった上で、コンバージョンにつなげる」という点が中心になるのでシンプルになります。

そのためターゲットユーザーへ指定のサービスや商品の特徴・メリットなどを詳細に、そしてストレートに伝えるのに適したページと言えるでしょう。

コンバージョン効率がよい

通常のホームページでは

  • 認知
  • 比較・検討

といったコンバージョン以外の目的も考えないといけませんから、コンバージョン効率が悪いページもあります(もちろんそれが悪い、というわけではありません)。

しかしランディングページの場合はコンバージョン獲得をメインとして設置されるため、外部リンクやバナー広告といった余計な要素は排除されます。結果的に外部に離脱される可能性が低くなり、コンバージョン率が高まるのがメリットです。

SEO的には不利になる可能性も!ランディングページのデメリット

ランディングページには次のようなデメリットもあります。

SEO面では通常のホームページより不利になる

ランディングページでは

  • 関連ページ
  • 内部リンク

といった要素を追加するのが難しいです。つまり複数のページから構成されリンクも気兼ねなく追加できる通常のホームページよりも、SEO面で不利になってしまいます。

また画像制作ツールでランディングページを制作して、そのまま公開するケースもあります。しかし画像としてランディングページを公開してしまうとテキスト情報がないため、検索エンジンが内容を把握するのが難しくなるのがデメリットです。このため有料広告と連携させながらキーワード選定やターゲットユーザー設定などを上手く行い、集客を行っていく必要があります。

「継続してページを追加しながら流入を狙いたい」といったケースでは、通常のホームページを制作するのがおすすめです。その過程で「特定のサービスや商品を別途アピールして購入へつなげたい」といった希望が出てきた場合は、ランディングページを制作するとよいでしょう。

直帰率は高め

ランディングページを閲覧するユーザーは、

  • サービスや商品に興味があり購入・資料請求などを行う
  • サービスや商品に興味がない、あるいは購入・資料請求までには至らない

の2パターンです。

回遊する他ページもないため直帰率はどうしても高くなってしまいます。

直帰率が高くても自社のコンバージョン目標を達成できていれば問題はありません。しかし

  • ファーストビューがいまいち
  • 問い合わせフォームの項目が多い

といった要因があると直帰率が高くなり過ぎて目標を達成できないリスクも高まってしまいます。

ヒートマップツールも活用しよう!ランディングページを活用するコツ

ここからはランディングページを上手く活用するポイントを解説していきます。

ファーストビューや構成に工夫を行う

ランディングページにおいてはファーストビュー、つまり最初に表示されるページがカギを握ります。ファーストビューが魅力的なものでないと印象に残らず、すぐにユーザーが離脱してしまうので注意してください。

  • 文章や画像、動画などが切れていないか
  • キャッチコピーで内容がスムーズに伝わるようになっているか
  • ユーザーが目を引かれるデザイン・レイアウトになっているか

といった点に着目してファーストビューを制作しましょう。

またページ全体の流れも重要です。流れが悪いと最後まで見てもらえずコンバージョンが獲得できない可能性も高まるからです。

  • 最後まで流れを止めずにスムーズに読了できるか
  • 適切な位置でCTAボタンを提示できているか
  • 読了してからエントリーフォームをすぐ入力、送信できる作りになっているか

といった点にも注意してランディングページを制作してみてください。

ターゲットユーザーごとにページを変更する

ランディングページはターゲットユーザーへ向けてピンポイントに制作することで効果を発揮します。このため同じサービスや商品を訴求するケースであっても

  • 一般消費者向け
  • 中小企業向け

といったようにターゲットユーザーによって内容は分ける必要があります。

キャッチコピーや文章といった要素でランディングページの印象は変わるので、ターゲットユーザーの反響を見ながら適切な内容にしていってください。

ABテストやヒートマップツールを活用する

ランディングページの改善にABテストは欠かせません。文章内容やCTAボタンといった要素をパターン変更しながら比較・検証を行うことで最良のパターンを見つけ出せます。

また具体的に問題がある要素を特定するためには、ヒートマップツールが必要です。グーグルアナリティクスといった分析ツールはページの細かい要素を分析するのが苦手なので、専用のヒートマップツールを別途導入して改善へ活用していきましょう。

ヒートマップツールとは?グーグルアナリティクスの穴を埋める重要なツール

まとめ

今回はランディングページの概要やメリット・デメリット、そして活用のポイントまで解説してきました。

ランディングページは構成がシンプルであり、コンバージョン効率がよいといったメリットがあります。反面SEO対策がしにくい、直帰率が高くなりがちといったデメリットもあるので、分析を行いながら適した経路で情報を提供する必要があります。

ぜひランディングページを制作して自社のサービス・商品を売り込んでみてください。

お問い合わせはこちら

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お問い合わせはこちら

お問い合わせ