データ分析導入で売上アップ&コスト削減が可能!

昨今話題のデータ分析市場について全くの無関係な企業から最近導入を始めた企業まで様々あるでしょう。コロナにおいて政府やメディアでも「データ分析」と単語を耳にする機会も増えました。その様なデータ分析について今回解説いたします。

まず結論ですがデータ分析をすると

今よりも「売上アップ」または「コスト削減」が実現できます。

これがビジネス上の課題解決となります。

導入による成果について

・定性的(数値化できないモノの定義)ではない

・定量的(数値化できる値の定義)に成果を確認できる

導入前と導入後を比較して定量的に判別できるのは良い点です。

では、すべての企業にむやみに導入すべきかというと当然そうでもなくデータ活用に失敗した事例も数多く存在します。

下記の様な記事も存在するほどです。

ビッグデータ活用に失敗する企業7つの特徴

当方では失敗する要因はいくつかあると考えていますが、成功する方法は一つしかないと考えています。

それは「顧客の課題を自分ごと化して責任を持って解決すること」です。

結果を上げるための施策をどの様に実現すればいいのか?という初期段階のビジネス課題解決をとても重要視しております。

データ活用ありきではなく、目的は課題解決となりその上で「データ活用」が実現できる状態が理想的と考えます。

そのためには、一社一社の微妙に違う課題感を自社のノウハウとプロセスありきではなく、真に寄り添ったデータコンサルティングが大切と考えており、当方の強みもまたそこになります。

データ分析の業界ごとの活用事例

今はまだ業界のトップシェア企業が続々と導入を始めている段階ですが、ITベンダーは勿論、国内外コンサル企業や広告代理店などが積極的にデータ活用を推進するべく企業に働きかけて実現されています。

その流れはやがて中小企業にも5 年以内には波及して導入すると考えますが、一体どこでどの様に使用するのか疑問の方も多いと思いますので、BtoB企業のなかでデータ活用を導入している実際の活用例として下記に明示します。

◼︎地方自治/官公庁

Webサイトを訪問したユーザーに何らかのアクション(コンバージョン)を促すボタンをCTA(Call To Action)ボタンといいます。

ファーストビューには必ずCTAボタンを少なくとも1つ以上設置し、訪問者にWebサイト内を回遊させる仕組みを作るようにしましょう。

◼︎各メーカー企業

現在もっともデータ活用に適した分野がマーケティング分野と言えます。ECログ、アプリログ、顧客データなどを様々なデータと組み合わして新商品の企画の成功確率の算出からプロモーション活用による広告効果の向上が実現できます。

また、従来の広告のコスト削減と効果向上も実現可能で今後のメーカーの販売戦略において、データマーケティングは切り離せない分野となります。

◼︎小売企業

顧客分析や消費行動分析が盛んに実施されている小売企業ですが、業界トップ企業の「売上高:8兆円」を記録するメガシェアです。小売企業のDX促進に各大手企業が躍起になっています。データの基盤構築からアプリ開発・運用・マーケティングと組み合わしてデータ活用が著しく加速化されている分野です。

◼︎スポーツ

お客さんの人数からゲームに使用されるデータから周辺地域の繁盛を予測した分析まで活発化されている分野です。スポーツに特化したデータ分析企業もあるほどのデータ分析受託会社がある分野です。課題解決よりは顧客体験活性化の側面が大きいです。

まとめ

データ活用しようにもデータが存在しないという企業も多いと思います。ただ、思いも寄らず貯めてしまっているデータも実はあります。それらデータを活用するのも、一から貯める方法も問題ございません。また、外部データを組み合わして活用すると他社の課題解決にも発揮できる水や石油の様な資源になりうるのです。

そのためにもまずはしっかりとした基盤を構築することをお勧めします。

最後までありがとうございました。

お問い合わせはこちら

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お問い合わせはこちら

お問い合わせ